私の小さい頃からの悩みに、腰からヒップにかけて筋肉がついていることがありました。
だから、中学や高校の体操の時間、ブルマーに着替えるのが大嫌いでした。当時は、脚が上から下まで細い同級生のことが、とてもエレガントに見えてうらやましくて仕方なかったものです。
しかも、スーパーモデルの元祖というべきトゥイギーが一世を風靡した時代です。
美の基準が長身で細身のモデルに照準を当てられ始め、私もそうした作られた美の報道に多かれ少なかれ影響されていた時期が続いたものでした。
しかしその後、美的にも、健康的にも脚は細ければよいというのは間違っているということに気がつき始めたのです。

知り合いのある写真家から聞いたことですが、世界一の脚線美を誇るラクウェル・ウェルチを撮影した際、彼女は「私の太腿は、かみそり刃さえも通らないわよ」と誇らしげに語ったそうです。
つまり太腿を合わせると、一分のすき間もない、ということなのです。
パリでよく訪れるロダン美術館には、女性の美しい裸体像が見られます。
それを見ていると、肉づきが美しいということが女性の魅力の一つであることを実感するのです。
西洋でよくいわれる膝から下の理想的な肉づきとは、膝頭が少しふっくらし、ふくらはぎに筋肉がつき、そのかわりに足首が締まっているというものだそうです。

女性は足首を見ればわかる

これについては、かつて父が話していたことがありました。
足首が太いのは、きちんとしていない印象を与えるのだと。
同様に、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、後に妻となる日本女性の節子夫人と初めて会ったとき、夫人の足首が太いので武家の娘ではないと悟ったというのは、有名なエピソードです。

そういえば、医者である主人と初めて知り合ったとき、彼は私にハイヒールを履くことを勧めてくれました。
理由を後できいてみると、ハイヒールを履くことで腰や脚の筋肉が発達するからだそうです。
まだ学生だった私は、ローヒールを履いていましたが、その日を境にハイヒール党になり、それは今日までずっと続いています。
一般的に、老化は脚の内側、特に腿の内側の筋肉が衰えることから始まるといいます。
脚、特に太腿が細いと、両脚を揃えてもすき間ができ、さらに両膝が離れるとO脚になりますので、日頃からストレッチなどで鍛えておくのがおすすめです。

またヨガを習い始めてから知ったのですが、前後開脚や開脚前屈をして体の軸を真っ直ぐに保つ努力をするのも大切なことなのです。
脚がまっすぐかどうかを判断するには、大腿部の中心と膝関節、ふくらはぎ、くるぶしの四カ所が軽く接しているかどうかを見るとよいそうです。
女性にとって妊娠や出産のために腰から太腿にかけてしっかり筋肉がついていることが必要だというのも、後になって気がつきました。
ところで、エレーヌ・ミルランも『コケットな女』(拙訳、PHP研究所)で「本当におしゃれな女性は、脚のお手入れを手のお手入れと同様、念入りに行うものです」と書いていますが、街中を歩いても、真の美しい脚」はめったに見かけることがありません。

この場合の「美しい脚」のポイントは、細さ、長さのほかに、皮膚がすべすべでざらついていないこと。
そして、歩くとき、脚を引きずらないことなどがあります。
とくに強調したいのは、四十歳を過ぎてまで、脚を細くしよう、痩せようと無理な努力をするより、脚をリラックスさせ、体全体の血液循環を良くし、脚をすべすべにする美容にエネルギーを回してほしいということです。
大人の女性が行うべき脚のお手入れとは、一日の終わりに脚を解放し、疲れをとってあげることなのではないでしょうか。
結局、健康的によいことが美につながるのですから。

脚は疲労を感じやすい

脚や手などの体の末端は、最も心臓から離れているので、疲労物質が溜まりやすい部分です。
まめにマッサージをしたり、温めたりして血液循環をよくしてあげましょう。
洗面桶に熱いお湯を張り、そこに粗塩を加え、両足を入れます。
粗塩の代わりに、菩提樹(リンデン)のエッセンシャルオイルを入れるとさらにリラックス効果抜群です。
そして、手でお湯をすくい、膝までかけます。その後、オリーブ油かボディローションでマッサージします。

この脚のマッサージはお風呂上がりにテレビを見ながらします。
脚の裏から始めて、下から上に向かってよくもみほぐすのです。
こうしていると、脚にできる醜い静脈瘤も防げます。
脚の末端に溜まった老廃物を心臓に戻すことで、全身の血流が滞ることなく循環するのです。
全身の血流をよくすれば、免疫系もスムーズに働き、かなりの病いを予防することができるでしょう。

ついでに、ヨガでもよくやるように、足首を片方の手でぐるぐると回転させると、転んだときに捻挫しないですむのです。
私が脚の血行のために愛用しているのは、ドクター・ショールのメディキュットシリーズです。
「これは足首やふくらはぎなど脚の部位ごとに圧力値を変えることで、はいていると脚の血行が促進されるソックスです。
とくに長時間、列車や飛行機に乗るときには手離せません。
そのほか、圧力と潤いを同時にもたらす同じシリーズの乾燥肌用ストッキングもお勧めです。